まんこの臭い 女性独特の悩み・・・

男性には絶対に理解してもらえない女性独特の悩みといえば、やはりデリケートゾーンの臭いではないでしょうか。
直接嗅いだことはないけれども、なんとなく臭いが分かるような・・・
大事な夜なのに気になってしまって集中できない・・・
など様々な悩みはありますよね。

まんこ 臭い
でもそんな臭いなんてどうしたらいいの!?と思っている人もたくさんいるかと思います。
でもこれを読めばそんな気になるデリケートゾーンの臭いとはおさらばできます!
少し気を付けてケアをすれば大丈夫なんです!
ではその方法をお教えしたいと思います。
最初にとにかく絶対にしてはダメなことを紹介します。

まんこの臭い対策 NG

① 臭いが気になるからといって洗いすぎはNG!

臭いが気になるからと言って膣の中を何度も洗おうとしていませんか?
女性のアソコはデリケートゾーンと呼ばれてるだけありとってもデリケートです。
洗いすぎることによって必要な守るためにある菌までもが流されてしまいます。
逆に臭いが悪化してしまう可能性もあります。
絶対にしてはいけません!

② 石鹸・ボディーソープはNG!

①でもご紹介している通り、洗いすぎはNGです。
ということはもちろん石鹸やボディーソープを使って洗うだなんて言語道断!
絶対にしてはいけません。

③ 生理の時は清潔に!

女性にとって月に何日間か訪れる生理の時期は本当に億劫ですよね。
気分も下がるし何より体調も優れなくなってしまいます。
トイレに行くのも正直とっても嫌になってきますよね・・・。
ナプキン派の人は仕事が忙しくてなかなか変えられないからと言って大きいのを付けている人も
多くいるのではないでしょうか。
大きいのを付けていることに問題はありませんが、大きいのを付けることによって安心し、
変える頻度が少なくなってしまうのは絶対にNGです!
そしてタンポン派の人も同じです。タンポンだからと言って安心し、変える頻度が少なくなってしまう
のは絶対にNGです!

生理の時こそ臭いが強くなってしまいます。変える頻度が少ないと臭いが染み付いてしまう、
清潔に保てない、ということから痒みを感じてしまうこともあります。性病に感染しやすくなってしまうこともあります。
生理の時は風邪を引いている時と同じであると考えて下さい。
とにかく生理の時こそ清潔にするのが一番です。

この3つが絶対にしてはいけないことです。
では今度はおススメのケア方法をお教えしたいと思います。

まんこの臭い対策 おすすめ

①デリケートゾーン用のボディーソープ

皆さんデリケートゾーン用のボディーソープというものがあるのはご存知でしたか?
普通のボディーソープや石鹸に比べると刺激が少ないものです。
洗顔と同じように、泡立てて膣の中を含めたデリケートゾーンをその泡で優しく洗うだけです。
私は実際このボディーソープを使っていますが段々と臭いも気にならなくなってきました。
それだけでなく、毎回生理の度に周りも臭いに気づいているのではとドキドキする程でしたが
今では生理の時も臭いがしなくなりました。

②保湿が大切!

デリケートゾーンは先ほどから何度も言っているように、とてもデリケートな場所です。
ケア方法は肌と同じです。
皆さんお風呂上りに化粧水や乳液、美容液などを使ってケアをしていますよね?
それと同じだと考えて下さい。
お風呂上りに何度もタオルで拭いてしまうのはNGです。
では保湿といっても何をすれば・・・?と思う人がほとんどであるとは思います。
勿論顔につけるのと同じような基礎化粧品はデリケートゾーンには刺激が強いので使ってはいけません。
デリケートゾーン用のボディーソープと同じようにリケートゾーン専用の保湿剤なども販売されています。是非そちらを使用してみて下さい。

いかがでしたか?最後の2つは購入しなければいけないものになってしまいますが、
最初に紹介した絶対にしてはいけないことを守るだけでだいぶ臭いは軽減されます。
是非皆さん実践してみて下さい。

膣の匂いを改善した体験談

デリケートゾーンの匂いや痒みで悩んでいたことについてご紹介します。
私は1年前、デリケートゾーンの匂いと痒みについてとても悩んでいました。その当時の状況は、膣からの分泌物であるおりものの色や性質が以前と異なり茶色になったりカッテージチーズのようにぼそぼそとした感じになる事がたびたびありました。

nioi

匂いが特にひどかったのはおりものが茶色で量も多い時で大量におりものが出た時は服を着ていても匂いが気になりました。(水分が多い時は下着によく浸み込んだせいもあるかもしれません)おりものが多いと雑菌が発生しやすいためか、外陰部や膣の中が痒くなり外出先でもかかずにはいられなくなり、とてもその事で悩んでいました。

感染症や子宮ガンの可能性

おりものが茶色い事や外陰部が痒い事を友人に相談すると、「おりものが茶色い事は膣の感染症や子宮ガンの可能性があるから放置するのは良くない、早く病院へ行け」といわれました。その後病院へ行くと、ホルモンバランスの崩れのせいで出血が止まらず膣からの分泌物と血液が混ざっておりものが茶色になっていると医師から言われました。不正出血の治療をする事になり、不正出血を治療すると膣の痒みは治まりました。

不正出血を治療すると、おりものの色が透明~白に戻っただけではなく適度に粘りのある液状になり、膣の痒みや匂いで悩んでいた頃に比べると性質や量も全く異なり、病院へ行く前がいかに異常だったのかと思いました。

おりものの性質が変わったり不正出血が起きた理由の一つはストレスを受けたり生活が乱れた事だと医師は言っていて、膣が匂う原因はストレスや生活習慣も関係していると感じました。膣が匂う理由は病気であったりホルモンバランスの崩れが原因かもしれないので、膣の匂いで悩んでいる方は産婦人科を受診してみて下さい。

まんこの臭いが変化した 出産後の悩み

子どもを出産して三年。産後してから主人に言われました。「臭いがかわった気がする」と。正直ショックでした。

ninpu

しかしそこの臭いで困るのは主人ですし自身の臭いというのはわかりにくいので言ってもらえて良かったです。やはり病気などを除いて出産した後に膣の臭いがましてしまうというのはホルモンの関係で仕方のないことだとわかりました。母になれたあかしとしては良いけれど、女としてはそこで諦めるわけにはいかない。と思いインターネットで調べることにしました。

膣内を清潔にすることで臭いに変化

最初はインクリアという商品が目にとまり、試してみようと思ったのですが近所で取り扱ってる店がなく、とりあえず保留に。ジェル状だということで異物をいれるということに少し抵抗があったのは事実です。その後、調べていると陰部の毛の量も臭いと関係しやすいようで、恥ずかしながら結構しっかい生えていたので一度脱毛してしまおうと決心しました。思い立ったらすぐにミュゼに行き、VIOの脱毛をしてもらいました。

musee

最初は抵抗があったのですが一度脱毛してもらうと手入れもしやすくなったので良かったです。膣の周辺も洗いやすくなったことで清潔を保てるようになりました。膣内はあまり洗剤など洗うことは逆によくないということもあり、インクリアを買うか迷っていたところ、近所のスーパーで「使い切りビデ・ペンギン」という商品を見つけ、試しに購入してみたところ、劇的に効果がありました。主人に確認してもらったところびっくりしていました。純水なので抵抗なく使えますし、スーパーにおいてあうということで購入してすぐ使えるというのも助かっています。脱毛も一度しかしていないのですでに生えてきてはいるのですが毛質がやわらかくなって全体的に毛量が減ったので結果的に良かったです。膣用ビデと脱毛の相乗効果で私の悩みは改善することができました。

30歳を過ぎたあたりから気になり出した、まんこの臭い

若い頃は全く気にならなかった膣の匂いですが、30歳の頃不正出血などがあり産婦人科に通い始めたのがきっかけで気にするようになりました。

特にお医者さんに指摘されたわけでもないのですが、お付き合いしている男性以外に下半身をさらすわけですから、定期検診がある時は必ず会社が休みかもしくはお休みを取って、朝しっかりお風呂で洗って検診が終わるまではトイレにもいかないなと徹底して臭い消しをしていました。

30

ですが、ある日お付き合いしていた方とH中に「ちゃんと洗ってる?」と言われてしまいました。
どちらかというと下り物等の臭いというよりアンモニア臭だとは言っていましたが、恥ずかしいし気になって気になって仕方がありませんでした。

そこで、皆さんどうしているんだろうと色々調べてみると、下の毛に臭いが付着する事があるとのご意見があり、早速定期的に処理をすることにしました。
確かに人よりも毛量が多いし長いので、それも原因かもしれません。

でも、それだけでは満足できず、今度は生理終わりの血を取り除けると言う膣洗浄が出来るビデを使うようになりました。
私は生理の痛みを抑える為、毎月ピルを服用しているので生理中の血の量は正直ほとんどありません。
確かに生理の血の臭いも強烈ではありますが、日々の臭い消しのために使用しています。

ビデを使う頻度と悩み

使った時はすっきりしていいのですが、気になるからと言って毎日使えるほどお金に余裕もないので、今はとにかくしっかりと洗う事を心掛けています。
石鹸を使うと場所によっては痛いので、お湯で何度も何度も優しく洗浄しています。

ビデの容器も本来使いまわしはダメなのですが、挿入口をキチンと洗って中にぬるま湯を入れて再利用もしています。
最近、年齢のせいなのかさらに臭いが気になりだし、普通に座っていても不快感を感じる事があります。
気にし過ぎなのだと思いますが、これからもよい改善策があったら試してみたいと思います。